「密度と香りの中に」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の8(大手拓次篇)

 だいぶ遅くなりましたが、9/16に開催されたポエカフェ大手拓次篇の参加記を残しておきます。ポエカフェ翌日には古書ますく堂さんが拓次の生涯も含めて今回もブログに楽しくまとめてくださっていますので、今更とは思いますが、お付き合いください。

 大手拓次が取り上げられるのは2012年5月に続いて2回目になります。(前回の参加記はこちら)前回は参加された方々から「とにかくかゆい!!」「アリが全身を這っているようだ」「くどい」「しつこい」「分かったから!」「お腹一杯!!」という声が飛び出した拓次。前回も参加されていた方は、私の他にはお二人だけ?ですが、今回はどのような感想が飛び出すのだろうと期待しつつの参加です。

 北原白秋と萩原朔太郎によって作られた「伝説」に長い間包まれていた大手拓次。今夏に復刊された原子朗編岩波文庫版の編者による「解説」で、伝説と拓次の実像が異なることが指摘されていますので、伝説からは解放されているようですが、拓次の詩の世界の独特さは変わることなく、読む者に様々な反応を引き起さずにはいられないようです。前回に劣らず皆さんの感想が飛び交ったせいでしょうか、今回も気がつけば終わりの時刻が迫っていました。

 2400篇と言われる膨大な作品を残した拓次。室生犀星、萩原朔太郎とともに白秋の三羽烏と言われるにも関わらず、生前には1冊の詩集も出せなかった拓次。真面目な勤め人という側面をも併せ持つ拓次。社交的でなかった拓次。47歳で亡くなった拓次。拓次の生涯は、様々な事を考えさせます。

 伝説からは解放されたといっても、香りが大好きで、多くの香料を集め部屋においていたという拓次にふさわしく、彼の作品世界からは、あまりにも独特な香りが匂い立ってきます。今回の資料に挙げられた作品は初期詩篇から昭和7年の作品に加えて翻訳もあります。

 そんな中で朗読くじで引き当てたのは「香水の表情に就いて~漫談的無駄話~」抄でした。拓次が勤めていたライオン歯磨の広報誌に掲載されたもののようです。くじには他の詩もあって選ぶようになっていましたが、敢えてこれを朗読しました。香水大好きな拓次による25種の「感じ」が挙げられています。それを鍵にして香水を選ぶようにという文なのですが、香水にこれだけの「感じ」を当てあめられるのは驚異の一言です。この25種の「感じ」は、青空文庫にこの作品が所収されていますので、ご覧になることをおすすめしておきます。それにしても、香水の「感じ」にこれだけの表現を与える感性の豊かさに圧倒されます。しかも図解付きです!これあればこその拓次の詩ではと思い、これを選びました。

 今回の資料も含めて、拓次の詩を読んで行くときに感じるのは言葉の密度の高さです。その密度の前に私は怯んでしまうこともありました。読む者を惹きつけると同時に、その密度のゆえに拒む言葉ともなっているように思うのです。

 ポエカフェ前、ポエカフェ後、拓次の詩を読み続けています。いまも、出かけるときには原子朗編の岩波文庫版の詩集を入れています。読みながら、ときにメモをとっています。そこから一部を書き写します。

「官能的言葉の密度。彼の言葉の住人とはなれない。外から彼の世界を恐々と覗くだけ。」

「音・光・熱の重層する世界」

「漢字のつながり、ひらがなの惑わし」

共通するのは、濃密な言葉が産み出す世界に戸惑っている私です。

 その濃密な世界がときに、前回のときに言われた「かゆい」というような言葉に繋がるのかも知れません。真面目に勤め人としての日々を過ごしていた拓次にとって、自らの産み出す詩の世界こそがリアルな世界だったのではとも思います。岩波文庫の編者解説にも「詩は不抜のとりでだった」とありますが、読み進めるにつれ、その感が増しこそすれ減ることはありませんでした。

 拒まれるように感じながらも、離れられなくなっています。口語自由詩が作られるようになった、ごく初期に、これだけの言葉を駆使して詩を作り続けた拓次に、もっと光が当てられたらと思いながら読んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「詩だけでなく」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の7(小熊秀雄篇)

 だいぶ遅くなりましたが、7月22日に開催されたポエカフェ小熊秀雄篇の参加記を記しておきます。小熊秀雄(1901~1940)は、現在どれほど知られているのでしょうか。ポエカフェでは2012年に取り上げられて以来、6年ぶりの登場です。

 猛暑に負けない秀雄の熱気あふれる資料をPippoさんが用意してくださっています。テキスト資料がなんと8枚です。作品に長いものが多いのも確かですが、「しゃべりまくれ!」と言った詩人にふさわしい資料でしょう。そのせいもあって?か、あっという間に終了時間が迫ってきていました。Pippoさんも「まだ話し足りない」とtwiterで書いておられました。それでも、参加された方々のツイートにも、小熊秀雄の熱がしっかりと伝わっていたように思います。

 今回、朗読くじで引いたのは童話の「焼かれた魚(魚)」と文壇風刺詩篇の中から「室生犀星へ」でした。「焼かれた魚」は秀雄が旭川新聞の記者をしていた時のものです。この頃、記者としての活動だけでなく、童話も書いています。童話を書いただけでなく、子どもたちに童話を口演し「小熊の小父さん」と慕われていたそうです。詩だけでなく、童話にも心を傾けていた秀雄が、そこに何を求めていたかが、とても気になっています。作品自体は、前回の時に読んで、秀雄の作品の中でも大好きな者の一つです。感想を話しているうつに、結末まで触れてしまったのには、読んでいない方への申し訳なさもありましたが、この作品、結末なしには感想を言えない作品なのです。登場する様々な小動物たちに何を見るかという視点もあるのはもちろんですが、その点を含めての結末が迫ってきます。あの時代、このような作品を童話として完成した秀雄の力に打たれます。

 後に、プロレタリア詩人として活動する事になる秀雄です。「しゃべり捲れ」と過剰なまでのエネルギーをぶつける詩が書かれています。読む者にもエネルギーを要求する詩に思えます。それでも、小熊秀雄の詩はアジテーションの羅列になっていかないのです。小熊の社会主義観、プロレタリア詩観が、どのような変遷を辿ったかもとても気になるところです。

 長編叙事詩集『飛ぶ橇』に収録された作品がとても気になっています。今回の資料には「移民通信」の一部が取られていました。通信の発信者は満州へ向かう移民となったルンペンという形をとっています。その中に、巧みに社会観や労働観、人間観が埋め込まれているようです。社会の最下層にいる人間の目を通して語られる物語とも言えるこの詩に惹かれます。また、今回取り上げられてはいませんでしたが、「空の脱走者」「飛ぶ橇」も以前から、とても気にかかっている作品です。小熊秀雄が長生きしてこのような長編叙事詩を書き続けていてくれたらどんな世界が広がっていたのだろうと思わざるを得ません。

 これらの長編叙事詩に表されている教条的でない小熊秀雄の人間観の底に何があるのだろうかと考えさせられています。社会の最底辺に置かれた人々への目や、大きな力の中で一人の人間として生きて行こうとする人への眼差しに、プロレタリア詩人という枠に収まらない小熊秀雄がいるように思います。

 それにしても、小熊秀雄の才能の幅広さには驚かされます。絵画作品も見逃せません。漫画の原作までも手がけています。それも後のマンガ家に大きな影響を与えたということです。39歳で亡くなったことが惜しまれてなりません。

 最後になりますが、今回、改めて資料を見て、家庭環境や旭川新聞時代の秀雄に目がいきました。小熊秀雄の作品には、その時代の精神形成が大きな影響を与えているのではということがあるのです。父親の戸籍に入れてもらえなかったり、激しい気性の継母との関係。異父姉ハツとの関係。どれをとっても並大抵のことではないでしょう。

 それと旭川時代にはプロレタリア詩人今野大力との出会いもあります。この二人の関係も大いに気になります。今野大力の作品集もあることですし、小熊秀雄と合わせてじっくり読んでみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「放してくれないのです」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の6(尾崎放哉篇)

 遅くなってしまいましたが、先月27日に開催されたポエカフェ尾崎放哉篇の参加記をUPしておきます。既に2週間と1日が経過していますが、これを書いている私の目の前には、尾崎放哉関連の書籍が何冊かあります。今日も図書館の貸し出しを延長手続きをしたところです。放哉さん、なかなか放してくれないようです。

 尾崎放哉はポエカフェで取り上げられるのは2回目です。1回目は2014年8月のポエカフェでした。その時のブログにも書きましたが、尾崎放哉を知るきっかけになったのは、お世話になっていた先生から放哉の師匠とも言える荻原井泉水の小さな本を貸していただいたことがきっかけでした。日本語の表現を学ぶようにと貸された本でしたが、そこで尾崎放哉に出会ったのでしたそれ以来、決して深く読んでいるとはいえないながらも、常に気になり続けている俳人です。

 尾崎放哉の生涯についてPippoさんが説明しながら、朗読くじで引いた句を朗読するいつものスタイルで、会は進んでいきます。尾崎放哉の生涯については、今回も「古書ますく堂」さんがブログでうまくまとめてくださっているので、是非ご覧いただければと思います。

 さて、今回の朗読することになった句は、くじ2本分ということになりましたが、一つは帝大時代の作を8句、もう一つは大正7~8年の作を10句集めたものでした。帝大時代のものは、定型の作品です。2句づつ読みましたが、その一句づつをここにあげておきます。帝大時代からは「狂気の、老女寝て居る座敷牢」です。これは、恋心を募らせていた澤芳衛にあてた諸巻中のものということですが、芳衛さん、この句をどのように読んだのでしょうか?定型ではありますが、題材として気になった句でした。「狂気の」の後につけられた「、」がとても気になります。

 大正7~8年の句からは「銭が土の間に転がりて音なし」です。まだ東洋生命保険会社で働いていた時期の句です。そのことを考え合わせると、仕事への遣る瀬無い思いが既に込められているのかと、深読みしたくなってしまいます。

今回、くじで当たったのは、どちらも放哉の作品の中では、初期のものです。しかし、小豆島に渡ってからのものに、どうしても心は惹かれていきます。小豆島での生活は一年にも満たない端機関です。今回の資料でもその時代から49句が取られています。

 その中で朗読された句をあげておきます。「ここまで来てしまつて急な手紙を書いてゐる」「いつしかついて来た犬と浜辺に居る」「追つかけて追いついた風の中」「切られる花を病人見てゐる」「お遍路木槿の花をほめる杖つく」「淋しい寝る本がない」「せきをしてもひとり」「墓のうらに廻る」「渚白い足出し」「肉がやせて来る太い骨である」

 朗読された方々か等、様々な感想や質問が出ます。放哉の句は、読み手にあまりにも多くの事を託しているように思えて来ます。短く、それでどうしたと言いたくなるような表現なのに、読み手によって、広がる世界は多様なのです。いや、多様な世界を広げさせる力を持った句なのでしょう。

 おそらく放哉の句のなかでももっとも有名なもののの一つ「せきをしてもひとり」にしても、放哉の病気を考えると、この「せき」単なる「せき」には思えません。病気の苦しさが背後にあるように思えるのです。病気の状況から考えて、かなりの苦しさの中での句ではと思えるのですが、残された言葉は、あまりにも簡潔です。なんの事もない言葉に見えて、これ以上そぎ落とせない言葉に見えてきます。

 実際の放哉という人物について、評価は関わった立場によって、かなり大きな幅があるようです。荻原井泉水の「放哉という男」では、俳人としての放哉について、高い評価を与えています。一方で、小豆島に取材した吉村昭氏の「海も暮れきる」では、一人の人間としての放哉の弱さも隠すところなく描かれている。しかし、吉村氏もまた放哉に惹きつけられているのです。

 死を意識しながら研ぎ澄まされていく感覚の中で、後世に残る句を書き続けた放哉。死への向き合い方は異なれど、その句の言葉になぜか惹きつけられる自分を確認するポエカフェの時となったのでした。それにしても放哉さん、放してはくれないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「座敷牢の中から」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の5(高橋新吉篇)

 4月29日に開催されたポエカフェの課題詩人は2012年6月24日以来の高橋新吉でした。6年振りの登場となります。ダダイズム詩人として出発し、禅の詩人へと変化していった高橋新吉です。17名の参加でしたが、Pippoさんによれば定員に達するのが早かったとのことです。高橋新吉に興味を持たれる方が多いのでしょうか。

 新吉にちなんだお菓子は新吉の故郷、愛媛県八幡浜市の「唐饅」です。入手困難になっているものを伯剌西爾のご主人が取り寄せてくださっていました。もちろん、コーヒーとともに美味しくいただきました。毎回ご尽力くださるご主人に頭が下がります。

 さて、会はいつも通り自己紹介から始まるのですが、一つは「高橋新吉と私」。これはいつも通りと言えるお題ですが、もう一つにはびっくりさせられます。そのお題は「死について」というもの。かなり重いお題です。ところが自己紹介が始まれば、皆さん、結構このお題で発言されて行くのです。お一人は、なかなかこのような事について周囲の人と話す機会が無いと仰ていましたが、なんと、「話しましょう」と受け止める方が複数おられました。ポエカフェに集まる方々の思いがチラッと見えたような気がします。いきなりの重いお題にも関わらず、自己紹介はゆったりしたいつもの雰囲気で進んでいきます。重いものを軽くするのでもなく、避けるのでもなく受け止めていこうとする雰囲気が回を重ねる中でポエカフェに積み上げられてきたのでしょう。

 ダダと禅の詩人なので、どんな感想が出てくるかワクワクしつつ皆さんの朗読と感想を聞いていきました。Pippoさんの用意された資料もヴァージョンアップです。『ダダイスト新吉の詩』に寄せられた佐藤春夫の「高橋新吉のこと」も引用量が増えています。前回はなかった辻潤の「跋」も入っています。ダダイスト新吉の姿が浮かび上がってきます。詩作品の朗読は「DADAは一切を断言し否定する」で始まる有名な『断言はダダイスト』抄から始まって行きます。朗読とともに、感想、意見、質問が次々に出てきます。参加されたDさんが後でツイートされたように、とても豊かな時間になりました。ダダイズムに関してはポエカフェ初期から参加しておられるTさんの説明が助けになりました。会が終わってからも、ダダイズムに関して質問させてもらいましたが、新吉を考える上でのヒントをいただきました。

 さて、Pippoさんが自己紹介のお題に選んだ「死」ですが、新吉の生涯と作品を考えるうえで、避けて通れないテーマでしょう。前回の参加記で「新吉はことばで『死』と戦いつづけたように思える。」と書きました。これでは、どうも不足だったなということを今は感じています。「死」と向き合いつつ、存在の本質を問い続けたのではないかというのが、今の感想です。それは『断言は一切である』という「断言はダダイスト」の1行にも見られるように思うのです。

精神を病み座敷牢に閉じ込められた新吉が、後にその期間のものとして出した『戯言集』があります。全集の第1巻に収められた奥様の喜久子さんの解題によれば、新吉はこの原稿をとても大切にしていたとのことです。その解題の中に、見過ごせない文章がありました。「父は息子を救うべく死んだ」というものです。すれ違い続けた新吉と父親。その父親に関する詩が『戯言集』に続いて出された『日食』に収録されている「父」であると思います。「父は私を愛の目でみた」で始まります。精神を病んだ新吉との闘いの中、新吉の父は首を鎰って自殺しています。

 新吉の詩の中では、とてもストレートな作品です。今回、私はこれを朗読しました。実は、前回もこの詩を朗読していたのです。会後のPippoさんのツイートに「求道者的精神の強さ」とありました。ダダから禅へと向かった新吉。その道を行くには強靭な精神力が必要なのではないでしょうか。禅の接心の期間に発病したと言われています。しかし、全てが分からない状況にはなかったように思うのです。それが『戯言集』であり、その状況を乗り越えるきっかけとなったのが父の自殺を受け止め、次へと進むための詩が「父」であったように思えるのです。

 だいぶ長くなってしまいました。いつも以上にまとまりがありません。そもそも新吉を言葉で語ろうとすることが間違いかもしれないのです。『ダガバジジンギヂ物語』を読みました。自伝的作品ですが、読み易い作品ではないでしょう。虚実ないまぜのところもあるように感じます。新吉を理解する助けにはなると思うのですが、それでも一筋縄ではいかないように感じています。

 もう一つ気になっていることがあります。それは奥様の喜久子さんのことです。会後、Pippoさんが紹介してくださった『高橋新吉 五億年の旅』(金田弘著)を読みました。そこには喜久子さんとの結婚に関する逸話が記載されています。新吉を考える上で、奥様の存在は欠かせないように思えてきています。

 高橋新吉にとって、詩とはなんだったのだろうという問いを抱えつつ、これからも彼の作品を読んで行くことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「気になる詩人は…」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の4(春・夏篇)

 25日のポエカフェは、久しぶりの入門篇、テーマは「春・夏」でした。一人の詩人ではなく、テーマに沿って多くの詩人の詩を読むことができるのも、この入門篇の楽しみです。今回取り上げられたのは、39人!!資料も6ページに渡ります。年代も1854年生まれのランボーから現役の詩人までという幅広さです。このようなテーマ開催の時の準備での詩の選択の大変さを思います。

 自己紹介の後、恒例の朗読くじが回ってきます。「くじ」とはいっても最近は、「交換可」なので、引いた後の交換が行われます。どこまで「くじ」なのか、不思議な風景が現出します。今回は一人2篇と言うせいもあったのでしょうか、いつもより盛んです。斯く言う私も、交換に乗り出しました。それぞれ何を基準に選んでいるのかも気になります。

 さて、今回のようなテーマ篇の時の楽しの一つに、これまで知らなかった詩人に出会えることがあります。今回、まったく初めてだったのが、「宇留田敬一」と言う詩人です。『鎮魂歌』と言う詩が取り上げられていました。「おまえはいま静かにいこつてゐる‏/そんなに明るく すきとほつて‏/ぼくの胸より小さな箱に‏/白い布につつまれながら」と始まります。4連目の「遺品一つ帰らなかつたおまへのために‏/誰かがわたしてくれた‏/レイテの珊瑚礁の一片」が刺さってきます。これに続く最後の連は「一度だつてこれほどしつかりと抱いてやらなかつた‏/弟よ いま長い旅路の夢が一つになる‏/生と死が明るい空で重なりあひながら」と結びます。この方の詩を読みたくなりました。どのような詩人でしょうか。とても気になります。

 野長瀬正夫は、既に読んでいる詩人ですが、今回取り上げてもらって嬉しかった一人です。おそらく、今ではあまり知られてはいないのではないでしょうか。取り上げられたのは『夕空とお父さん』です。野長瀬さんは、児童文学の世界にも身を置いていた方です。これも、こどもの視点での作品です。戦後復興期に一生懸命に働いていたお父さんの姿が浮かびます。「お父さんは‏/じいっと空をながめている」が残ります。野長瀬さんは児童の視点からの詩の他にも多くの詩を書いておられます。かつてPippoさんがツイートで色々な詩人の作品を取り上げていた時に、この方を知りました。それがきっかけで、詩集をさがし、やっとのことで見つけ出したのが昭和40年発行という奥付のある、『日本叙情』がありまです。とても良い出会いでした。そんな事を思い出しながら、みなさんの感想を聞いていました。詩との出会いは、ちょっとしたことがきっかけになることがありますが、今回のようなテーマ篇も、そんな役に立つかもしれません。

 ところで、今回の朗読くじで読んだ詩なのですが、交換に乗り出した私の目の前にPippoさんから八木重吉が降ってきました。かつてPippoさんが提唱した近代詩復興委員会の八木重吉担当として、読まないわけにはいきません。しかし、重吉の短い詩は朗読するのに苦労するのです。ドキドキしながら「豚」を読みました。「この 豚だって‏/かわいいよ‏/こんな 春だもの‏/いいけしきをすって‏/むちゅうで あるいてきたんだもの」農村風景の中、歩いてくる豚を見つめる重吉の視線を想像します。近頃のペット用の豚ではありません。土の道を藁が付いているかもしれない姿で、鼻を鳴らしながら一直線に進んでいくのでしょう。そんな豚の姿に「いいけしきをすって‏」いると見る重吉の視線の背後にある思いを想像します。それにしても、重吉の朗読は難しいです。

 もう1篇は村山槐多の「空」です。槐多の音と光の世界に包み込まれていくように感じます。徹底的に自分の世界に入り込んでいるようでありながら、読む者までも包み込んでいく力を感じます。重吉とはまたく異なった世界を構築する詩人ですが、好きな詩人の一人です。この詩に出てくる「Xの形に燈きらきらと戦動す」のXからも話が広がりましたが、惹きつける詩です。

 好きな詩ばっかりと言って良い今回のポエカフェでした。1篇ごとに感想を綴りたいほどです。題名だけでも最後に上げておきます。安西冬衛の「春」。草野心平の「えぼ」、丸山薫の「病める庭園」、木下杢太郎の「街頭初夏」…、キリがなくなるのでこのくらいにしておきます。取り上げられた詩についてもっと知りたい方は、「古書ますく堂」さんのブログを是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「西尾さんの術中に」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の3(西尾勝彦篇)