トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

10月28日読了分

2008-10-28
○私小説-from left to right
  水村美苗 新潮社 1995-9
 新潮9月号掲載の「日本語が亡びる時ー英語の世紀の中で」を読んで、非常に興味をそそられ、この作品から読み始める。「私小説」の題にふさわしい名品。
●文芸漫談シーズン2 魯迅『阿Q正伝』を読む ー<文学史上、最もプライドが高かった男>の巻
  奥泉光・いとうせいこう(対談) 雑誌「すばる」10月号 集英社
 この漫談シリーズは、作品に興味を持たせる点においては、大成功かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート

2008-10-16
○帝国的ナショナリズムー日本とアメリカの変容ー
  大澤真幸 青土社 2004-12
 以前から気になっていた論者だが、これを読んで追っかける必要を感じた。視点のするどさに注目。
●神話する身体 第10回
  安田 登 雑誌「言語」10月号 大修館書店
 <だいたいが日本語に「信じる」という言葉はない。>という記述あり。
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年11月 »