« 8月24日までの記録(雑誌以外) | トップページ | 9月3日までの記録 »

雑誌から

雑誌の中から気になったものを記録しておきます。

●特別対談 恐慌と疫病下の文学
 古井由吉・島田雅彦 雑誌「文學界」7月号 文芸春秋
 日本語の特質について「分けない日本語」という指摘あり。
 柳父章氏の「カセット効果」との関連を思う。
 明確なメッセージを伝えることとの関係を思う。

●インド学へのいざない
 後藤敏文 雑誌「言語」4月号より連載中 大修館書店
 仏教を先行する宗教との関連の中で考える上で面白い

●特集 リズムを科学する
 雑誌「言語」6月号 大修館書店

●特集 変容する日本のことば
 雑誌「言語」7月号 大修館書店
 この中より、「アイヌの人々とアイヌ語の今」佐藤友己と「日本の言語状況」佐々木冠に注目。

●文芸漫談シーズン3 後藤明生『挟み撃ち』を読む 
  奥泉光・いとうせいこう(対談) 雑誌「すばる」5月号 集英社
 いつもながら面白い

●ムサシ
  井上ひさし 雑誌「すばる」5月号 集英社
 戯曲。面白い。

●『ムサシ』ー憎しみの連鎖を断ち切って
  井上ひさしインタビュー (聞き手・構成 島崎今日子)雑誌「すばる」6月号 集英社

●ターミナルライフ/終末期の風景 (1)害虫的
  西成彦 雑誌「すばる」6月号 集英社
 「不条理」は例外状況として偏在している。

●鉄道、そして文学へー地方と東京、近代と現代 第1回
  川本三郎 雑誌「すばる」6月号 集英社
 日本社会のたどってきた道を鉄道の描写のされ方から見る。

●熱帯の夢ーコスタリカ紀行
  茂木健一郎 雑誌「すばる」6月号 集英社
 長編。

以上、思い出せる範囲。

|

« 8月24日までの記録(雑誌以外) | トップページ | 9月3日までの記録 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/46025883

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌から:

« 8月24日までの記録(雑誌以外) | トップページ | 9月3日までの記録 »