« 9月3日までの記録 | トップページ | 「てふてふ 二匹目」を聴いて »

Pippoさんの八木重吉の朗読を聞いて

読書記録でありませんが、最近とても心に響く朗読を聞いたので記します。

それはMySpaceにUPされているPippoさんの八木重吉の詩の朗読です。(こちらから。)ボタンをクリックしてながれてくる重吉の詩。思わず涙が…。重吉の世界の広さがPippoさんの声を通してしみ込んできました。

ライブで歌うとともに詩の朗読もしているピッポさん。ブログで東中野でのライブで重吉の詩を朗読したと知りました。あつかましくも、一部でもネットで聞けませんかとお願いしたところ、何と、MySpaceにUPしてくださったのです。(8/29日から1週間限定。後に、CDに収録されて販売されるとのこと。)

私自身、36年前に重吉に出会い、いまでも本棚の直ぐに取り出せるところに置いてあります。思い入れが特別に強いというのではないのですが、時に、ふと詩集を手に取りたくなったり、彼の生き様を思います。

こんなふうに読んでくださってとても感謝です。期間限定ですが、ひとりでも多くの人が聞いてくださったらと思います。簡潔な優しい言葉の背後にある広い世界がしみ込んで来るのです。

<追記>
「てふてふ 二匹目」を聴いた妻のひとこと。「ことばが伝わってくる」

|

« 9月3日までの記録 | トップページ | 「てふてふ 二匹目」を聴いて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/46112155

この記事へのトラックバック一覧です: Pippoさんの八木重吉の朗読を聞いて:

« 9月3日までの記録 | トップページ | 「てふてふ 二匹目」を聴いて »