« ポエトリーカフェ参加の記 | トップページ | とりあえず3ヶ月間の記録として »

金子彰子詩集「二月十四日」

○金子彰子詩集 『二月十四日』(言葉 井坂洋子*装丁 金田理恵)
 龜鳴屋 2010-02

 この金子彰子さんの詩集には39篇の詩、そのうち6篇を除いて、昨年の三月から金子さんのブログに掲載されてきたものが収められています。ブログに発表されたものにも、細かく手が入れられ磨き上げられています。
 ブログで読んでいた金子さんの詩が本になると聞き、さっそく注文しました。2月24日、封筒から取り出すのももどかしく、手にしました。装丁もとてもすてきです。それから二週間近くがたちます。早くこの詩集の感想をブログに書きたいと思いながら、なかなか書けませんでした。私のつたないことばでは、この詩集の魅力を伝えることなどとうていできそうにないからです。
 それでも、少しだけ感想を書いておきたいと思います。最初に置かれた「東」を読むうちに、なぜか胸に迫ってくるものがあります。そして、さらに読み進もうとするのですが、なかなか先に進ませてくれないのです。それは詩が晦渋だからではありません。読む者の足が自然に遅くなりときに止まってしまう、かんたんに通り過ぎてはもったいないと思わせる何かがあるように感じたのです。大切なものを見落としてはならないという感じがしました。
 巻末の井坂洋子さんのことばの中に「...ポップな軽み、ことばのカッティングの冴え、...」という評があります。軽いようでありながら、たくさんのものが詰まっているのでしょう。押し付けるのではなく、それとなく読み手の速度を落とし、ゆっくり味わうようにしむける何かがあるように思えるのです。読む者として、とても幸いな経験をさせていただいたように思っています。
 この感想が的を射たものであるかは分かりませんが、この詩集は、まちがいなく私の宝物になりました。限定214部のこの詩集。すでに100部が売れたそうです。龜鳴屋(カメナクヤ)ホームページに案内がのっています。
 装丁も、とても工夫された素晴らしいものになっています。うれしいしかけもあります。ぜひ手に取っていただければと思っています。

|

« ポエトリーカフェ参加の記 | トップページ | とりあえず3ヶ月間の記録として »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ずっと読んでいただいているのですね。今、偶然に見つけることになりまして、感激のあまり何を申せば、と思いますが、これからも必ず書いていきます。それをお礼の言葉に変えて申し上げます。

投稿: 金子彰子 | 2010年3月10日 (水) 00時51分

金子さん。コメントありがとうございます。拙い感想で、「二月十四日」のすばらしさを伝えきれないもどかしさをおぼえています。いつもブログを楽しみにしています。

投稿: グレアムペンギン | 2010年3月10日 (水) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/47767037

この記事へのトラックバック一覧です: 金子彰子詩集「二月十四日」:

« ポエトリーカフェ参加の記 | トップページ | とりあえず3ヶ月間の記録として »