« ポエトリーカフェ参加の記 リターンズ2 (室生犀星) | トップページ | からめとられて ポエトリーカフェ参加の記 第3期の1(大手拓次) »

ポエトリーカフェ参加の記 “春の特別篇:パンの曾”

 プレアデス星団、日本名でスバル。若く青白い色をした星の集まり。明治末期、そのスバルという名を関した文芸誌に集った人々の活動拠点となった運動があった。主なメンバーは、北原白秋・木下杢太郎・吉井勇と、画家の石井柏亭・山本鼎・森田恒友たち。パリのカフェでの芸術家の交流に憧れ、セーヌのほとりの代りに隅田川の近くに場所を求めた。それが今回のポエカフェ特別編で取り上げられた『パンの會』だ。

 4月29日、場所は明治22年築の煉瓦館。明治末期の運動を語るのに、これも相応しい場所だ。煉瓦館(蔵)の2階に集ったのは14名の参加者。ゲストには北方人さんを迎えることが出来た。当日の様子や、参加された方の声はすでにPippoさんのブログに掲載されているが、未だに余韻が冷めないすばらしい特別編だった。

 邪宗門(白秋)風、エキゾチシズム・マドモアゼル姿で出迎えるPippoさん。パンの角を髪飾り風につけていらっしゃる方や自作のパンフルートをさげておられる方。Pippoさんが、『パンの會』に集った詩人や、歴史的な流れについて話す中、北方人さんが絶妙のタイミングで補足なさってくださる。呼吸がぴったり、しかも、熱い名コンビのリードで会が盛り上がって行った。

 伊上凡骨、フリッツ・ルンプに関する北方人さんの研究にも驚かされる。二人とも、一般にはまったく知られていないであろう人物。彼らへの北方人さんの思いと研究成果の一端を見せていただけたことも、今回のポエカフェでの大収穫だった。北方人さんの著書『木版彫刻師 伊上凡骨』を購入できたことも嬉しい。フリッツ・ルンプに関して、母国ドイツでの業績が日本にきちんと伝えられていないルンプ。彼のことをドイツで発行されたルンプの資料を見せながら、熱く語る北方人さんの姿も、とても印象的だった。

 それにしても『パンの會』の存在の大きさに驚かされた。ポエカフェでも時々名前が挙げられてはいたが、個人的には何も知らないに等しかった『パンの會』。今回、あらためて、その存在の大きさを思わされた。詩人個人を取り上げる時と違い、誰か一人に収斂していくのではなく、何人もの詩人、『パンの會』という渦の中にあった人々が、今もわたしのまわりを巡っているようだ。(取り上げられた詩人はPippoさんのブログをご覧ください)

 ただ、その中でも「木下杢太郎」が気にかかる。會の中心人物と言える木下杢太郎。実は、今回のポエカフェに参加するにあたって、野田宇太郎の『パンの会』を読んだ。そこで取り上げられている木下杢太郎がとても気になっていた。実は、10年以上前に伊東の木下杢太郎記念館に行ったことがある。その時は彼の絵に興味をもったのだが、今回のポエカフェで、あらためて詩人としての彼に惹き付けられた。今、全集を借りてきて読んでいる。

 いくつものきらめきはじめた星が、若い灯をともしていた會。ひときわ輝く北原白秋。しっかりと消えぬ灯をともし続ける木下杢太郎。酒のイメージのあまりにも強い吉井勇。彗星のようなフリッツ・ルンプ。木版彫刻師として大きな仕事を残した伊上凡骨。

 若き星雲の中で光る星たち。やがて、それぞれの道を定めて散って行く星たちが、星間物質に半ばかくれながら、光っているのを思わせる。星座も長い年月のうちに、その形を変えて行くように、パンの會の星たちも、やがてそれぞれの場を見つけて行く。実際の星に比べ、その動きはあまりにも速く、時間はあっという間に過ぎ去る。

 後に酒の力が大きくなっていった會は、やがて消えて行った。しかし會は消えても、そこから力を得た人々の軌跡は今につながっている。それに触れるとき、触れた者に、その熱が伝わる。今回のポエカフェ二次会の様子は、まさにそれを示していたようだ。食事をしながら、あちこちで話はつきない。Pippoさん、北方人さんの資料などを間に、みなが魅了されていた。かつての野田宇太郎、今回のPippoさん、北方人さんのような方々を通して、伝えられる『パンの會』。その熱さを垣間みた時だった。

|

« ポエトリーカフェ参加の記 リターンズ2 (室生犀星) | トップページ | からめとられて ポエトリーカフェ参加の記 第3期の1(大手拓次) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/54629063

この記事へのトラックバック一覧です: ポエトリーカフェ参加の記 “春の特別篇:パンの曾”:

« ポエトリーカフェ参加の記 リターンズ2 (室生犀星) | トップページ | からめとられて ポエトリーカフェ参加の記 第3期の1(大手拓次) »