« 「ブレイク寸前」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の8 (西尾勝彦) | トップページ | 「圧倒されて」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の10(西條八十) »

「一回じゃ足りないです!」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の9(旅した詩人たち)

 3月5日の夕方、羽村市内での仕事を終えて、青梅線に乗車。目指すはポエカフェ特別篇「旅した詩人たち」の会場、高円寺の「アバッキオ」さん。今回のポエカフェは、東京国際文芸フェスティバル2014サテライト企画として開催されている「詩×旅?詩の図書館と旅する詩集?」の中のイベントとしての開催。アバッキオさんには詩の図書館も開設されているとのこと。それも楽しみにしながらの参加だ。

 高円寺の駅前でおなかを満たしてから会場へ向かう。高円寺北口、庚申通りを北に進み、看板に導かれて細い路地を入っていく。狭い路地の奥、昔からの長屋のような建物のいっかくに、アバッキオさんがあった。開始時間より、少し早くついてしまったが、店主のKさんといろいろと話す時間が持て、楽しいとき。店主のKさんとはポエカフェで何回かお会いしたが、お店は初めて。古書の品揃えに興味がわく。

 到着したPippoさん、時間の打ち合わせで5時間はできると宣言!(イベントとしての公式の時間は1時間…)確かに、資料を見るとうなづける。開始予定時刻が近づくにつれ、会場は一杯になる。定員10人だが、非常に密な空間でのポエカフェとなった。驚いたのは山口県からの旅行中に参加された方がいたこと。テーマが「旅」だけに、まさにうってつけ。

 会自体は、いつものポエカフェと同じく、参加者の自己紹介で始まる。それぞれの印象深いたびの経験を話す。海外でのかなりあぶない体験などもあり、この時間だけで、かなり盛り上がる。巧まずしてテーマ「旅する詩人」へと誘われていく。ただ、この段階でかなりの時間が経過していた。店主さんの好意で、時間延長の許可が出、いざ本編へと進む。

 それにしても配布された資料に取り上げられている詩人の数が多い!どのような旅をしていたかによる分類から始まって、世界中の詩人が国別に解説付きで記されている。現代詩人まで含めて、その数30人以上。その中から実際に詩が紹介されているのが7人。海外からはビート・ジェネレーションを含めアメリカの詩人たち。日本からは自由律俳句から現代の詩人までとりあげられている。

 資料を見ながら、詩人の紹介一つ一つが興味深い。初めて聞く名前も多い。詩の世界の奥深さを感じる。Pippoさんの持っている詩の世界の大きさを垣間みる気がした。これから読んでみたい気になる詩人が何人もいる。こんな発見が、テーマによるポエカフェの魅力の一つだろう。

 恒例の朗読くじであたった詩を参加者が読んでいくのはいつもの通りだが、一人の詩人をおうのではないので、様々な色合いの詩が読まれていく。はじめての詩を読むケースもいつもより多いかもしれない。そんなドキドキ感もまた楽しい。私は、金子光晴の「くらげの唄」。これは初めてではなく、金子光晴の詩の中でも好きな詩だった。繰り返しでてくる「からっぽ」という言葉が気になる。からっぽの重みを感じる。

 先に読みたくなる詩人が何人もいると書いたが、ことにアメリカのビートジェネレーションの詩人たちが気になっている。世代的には若い時に読むチャンスがあったはずなのだが、名前を聞いたことがある程度で、ほとんど触れて来なかった。若い時に出逢えなかった詩人に、出逢えるのも嬉しい。どんな世界が待っているのか楽しみだ。

 会は、予定時間の倍くらいを使っていちおう終了。その後も、参加者同士で、いろいろと話しが弾んだ。気がつけば帰らなくてはいけない時間。あわてて会場をあとにしたが、まだまだ皆さんとも話したかった。

 ところで、資料の多さに全員紹介できるのかなと危ぶんでいたら、時間切れで紹介されなかった詩人もいた。詩は紹介されていなくても気になる詩人が何人もいた。ぜひ、この続編をPippoさんにお願いしたい。よろしくお願いいます!!

|

« 「ブレイク寸前」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の8 (西尾勝彦) | トップページ | 「圧倒されて」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の10(西條八十) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/59293336

この記事へのトラックバック一覧です: 「一回じゃ足りないです!」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の9(旅した詩人たち):

« 「ブレイク寸前」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の8 (西尾勝彦) | トップページ | 「圧倒されて」 ポエトリーカフェ参加の記 第4期の10(西條八十) »