« 「格言は好きですか?」 ポエトリーカフェ参加の記 第5期の8(ゲーテ篇) | トップページ | 「読めてよかった!!」  ポエトリーカフェ参加の記 第6期の1 (原民喜篇) »

「詩だけでなく」 ポエトリーカフェ参加の記 第5期の9(ヘッセ篇)

 24日に開催されたポエカフェ第5期最終回。主催者のPippoさんが大好きなドイツ詩人が怒涛の勢い?で連続して取り上げられた第5期。その最後に取り上げられたのは、ヘルマン・ヘッセでした。

 自己紹介のお題の一つが「わたしとヘッセ」。この自己紹介の時間が、けっこう楽しみです。その中で、前回に続いてまたもやの衝撃発言!が飛び出しました。「いままで読んだ作家の中で一番嫌いかもしれない」というもの。ポエカフェ常連の彼、やってくれます。でも、これが言えることがポエカフェの大きな魅力です。ヘッセについて知らない人も、大好きな人も、嫌いな人!も同じように参加できるポエカフェだからこそ、ここまで続いているのでしょう。

 わたし自身は、自己紹介の時にも告白?したのですが、ヘッセをきちんと読むのはなんと48年ぶりのことでした。中学3年のときに手にして以来のことです。詩ではなく、小説でしたが、読み進めるうちにとても苦しくなり、堪えられなくなって止めてしまいました。その苦しさだけが心に残り、それ以来、手に取ることはありませんでした。このような機会がなければ、再度手に取ることはなかったでしょう。それだけに、皆さんがどう読んでおられるのか、楽しみにしながらの参加でした。

 伯剌西爾さんの用意してくださった特製フードを美味しくいただきながら、会は始まっていきます。今回は、遠く山梨からの初参加者もおられます。ネットで検索して見つけたとのこと。ポエカフェの広がりが頼もしいです。紹介された詩は、高橋健二訳の『ヘッセ師集』(新潮社文庫)から25篇。さらに、『郷愁』から『ガラス玉演戯』に至る小説9篇の概略が資料として、付け加えられている。Pippoさんによれば、ヘッセは詩だけではばく小説を読まないと分からないとのこと。

 詩は、資料を見るかぎり、難解と思えるところはないようです。それでも、読む人によって様々な受取り方があるのは、当然のこと。参加者のみなさんからも、いろいろな声を聞くことができました。そこにこめられた思いをいろいろと推測できそうなものもあるのですが、むしろ単純に受け取った方がいいのかなというのが、今の時点での感想です。

 ヘッセの生涯をおっていくと、決して安易なものではなかったことが分かります。両大戦を経験したヘッセ。そのいずれにおいても、苦難の道を歩んだヘッセ。しかし、その詩から苦闘のイメージを受けることがありません。少年期から、精神的にも苦闘していたヘッセ。しかし、詩の世界にはその跡を見いだすことが難しいように思います。

 今回の朗読くじで当たったのは『つれない人々』でした。「つれない」という言葉をこえるある種の強さともいうべきものを感じます。ヘッセを支えていたものは何なのか、とても心にかかります。Pippoさんのおっしゃるように、きっと小説を読むことで、それを理解するきっかけが得られるのかもしれません。

 そんなこともあって、ノベール賞を受賞した小説『ガラス玉演戯』を読んでいます。ポエカフェの前から読み始めていたのですが、とても興味深く読んでいます。ヘッセの世界観がまとめられている作品かなとも、思いながら読み進めています。キリスト教の宣教師の息子として育ったヘッセ。アジアの宗教と接触をもったヘッセ。ヘッセが、生涯の後半に、どのような世界観をもっていたのかが、気にかかるのです。

 それから、後日談を一つ。先日、ヘッセの小説もさらに読んでみようと、図書館で全集を何冊か借りようとしていた時、テーブルに置いてあった全集を見つけた初老の男性に声をかけられました。「ヘッセ友の会」のメンバーとのことです。驚きのあまり、どぎまぎする私に、臨川書店から刊行されている、日本ヘルマン・ヘッセ友の会・研究会編『ヘルマン・ヘッセ全集』を推薦されました。以前のものよりヘッセのラディカルな部分がはっきり出ているとのことです。こちらも読み比べてみたくなっています。

 48年ぶりのヘルマン・ヘッセ。再び手に取る機会を与えてくれたポエカフェに感謝です。第6期も楽しみにしています。

|

« 「格言は好きですか?」 ポエトリーカフェ参加の記 第5期の8(ゲーテ篇) | トップページ | 「読めてよかった!!」  ポエトリーカフェ参加の記 第6期の1 (原民喜篇) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/61680846

この記事へのトラックバック一覧です: 「詩だけでなく」 ポエトリーカフェ参加の記 第5期の9(ヘッセ篇):

« 「格言は好きですか?」 ポエトリーカフェ参加の記 第5期の8(ゲーテ篇) | トップページ | 「読めてよかった!!」  ポエトリーカフェ参加の記 第6期の1 (原民喜篇) »