« 「西尾さんの術中に」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の3(西尾勝彦篇) | トップページ | 「座敷牢の中から」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の5(高橋新吉篇) »

「気になる詩人は…」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の4(春・夏篇)

 25日のポエカフェは、久しぶりの入門篇、テーマは「春・夏」でした。一人の詩人ではなく、テーマに沿って多くの詩人の詩を読むことができるのも、この入門篇の楽しみです。今回取り上げられたのは、39人!!資料も6ページに渡ります。年代も1854年生まれのランボーから現役の詩人までという幅広さです。このようなテーマ開催の時の準備での詩の選択の大変さを思います。

 自己紹介の後、恒例の朗読くじが回ってきます。「くじ」とはいっても最近は、「交換可」なので、引いた後の交換が行われます。どこまで「くじ」なのか、不思議な風景が現出します。今回は一人2篇と言うせいもあったのでしょうか、いつもより盛んです。斯く言う私も、交換に乗り出しました。それぞれ何を基準に選んでいるのかも気になります。

 さて、今回のようなテーマ篇の時の楽しの一つに、これまで知らなかった詩人に出会えることがあります。今回、まったく初めてだったのが、「宇留田敬一」と言う詩人です。『鎮魂歌』と言う詩が取り上げられていました。「おまえはいま静かにいこつてゐる‏/そんなに明るく すきとほつて‏/ぼくの胸より小さな箱に‏/白い布につつまれながら」と始まります。4連目の「遺品一つ帰らなかつたおまへのために‏/誰かがわたしてくれた‏/レイテの珊瑚礁の一片」が刺さってきます。これに続く最後の連は「一度だつてこれほどしつかりと抱いてやらなかつた‏/弟よ いま長い旅路の夢が一つになる‏/生と死が明るい空で重なりあひながら」と結びます。この方の詩を読みたくなりました。どのような詩人でしょうか。とても気になります。

 野長瀬正夫は、既に読んでいる詩人ですが、今回取り上げてもらって嬉しかった一人です。おそらく、今ではあまり知られてはいないのではないでしょうか。取り上げられたのは『夕空とお父さん』です。野長瀬さんは、児童文学の世界にも身を置いていた方です。これも、こどもの視点での作品です。戦後復興期に一生懸命に働いていたお父さんの姿が浮かびます。「お父さんは‏/じいっと空をながめている」が残ります。野長瀬さんは児童の視点からの詩の他にも多くの詩を書いておられます。かつてPippoさんがツイートで色々な詩人の作品を取り上げていた時に、この方を知りました。それがきっかけで、詩集をさがし、やっとのことで見つけ出したのが昭和40年発行という奥付のある、『日本叙情』がありまです。とても良い出会いでした。そんな事を思い出しながら、みなさんの感想を聞いていました。詩との出会いは、ちょっとしたことがきっかけになることがありますが、今回のようなテーマ篇も、そんな役に立つかもしれません。

 ところで、今回の朗読くじで読んだ詩なのですが、交換に乗り出した私の目の前にPippoさんから八木重吉が降ってきました。かつてPippoさんが提唱した近代詩復興委員会の八木重吉担当として、読まないわけにはいきません。しかし、重吉の短い詩は朗読するのに苦労するのです。ドキドキしながら「豚」を読みました。「この 豚だって‏/かわいいよ‏/こんな 春だもの‏/いいけしきをすって‏/むちゅうで あるいてきたんだもの」農村風景の中、歩いてくる豚を見つめる重吉の視線を想像します。近頃のペット用の豚ではありません。土の道を藁が付いているかもしれない姿で、鼻を鳴らしながら一直線に進んでいくのでしょう。そんな豚の姿に「いいけしきをすって‏」いると見る重吉の視線の背後にある思いを想像します。それにしても、重吉の朗読は難しいです。

 もう1篇は村山槐多の「空」です。槐多の音と光の世界に包み込まれていくように感じます。徹底的に自分の世界に入り込んでいるようでありながら、読む者までも包み込んでいく力を感じます。重吉とはまたく異なった世界を構築する詩人ですが、好きな詩人の一人です。この詩に出てくる「Xの形に燈きらきらと戦動す」のXからも話が広がりましたが、惹きつける詩です。

 好きな詩ばっかりと言って良い今回のポエカフェでした。1篇ごとに感想を綴りたいほどです。題名だけでも最後に上げておきます。安西冬衛の「春」。草野心平の「えぼ」、丸山薫の「病める庭園」、木下杢太郎の「街頭初夏」…、キリがなくなるのでこのくらいにしておきます。取り上げられた詩についてもっと知りたい方は、「古書ますく堂」さんのブログを是非ご覧ください。

|

« 「西尾さんの術中に」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の3(西尾勝彦篇) | トップページ | 「座敷牢の中から」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の5(高橋新吉篇) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/66568009

この記事へのトラックバック一覧です: 「気になる詩人は…」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の4(春・夏篇):

« 「西尾さんの術中に」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の3(西尾勝彦篇) | トップページ | 「座敷牢の中から」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の5(高橋新吉篇) »