« 「気になる詩人は…」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の4(春・夏篇) | トップページ | 「放してくれないのです」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の6(尾崎放哉篇) »

「座敷牢の中から」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の5(高橋新吉篇)

 4月29日に開催されたポエカフェの課題詩人は2012年6月24日以来の高橋新吉でした。6年振りの登場となります。ダダイズム詩人として出発し、禅の詩人へと変化していった高橋新吉です。17名の参加でしたが、Pippoさんによれば定員に達するのが早かったとのことです。高橋新吉に興味を持たれる方が多いのでしょうか。

 新吉にちなんだお菓子は新吉の故郷、愛媛県八幡浜市の「唐饅」です。入手困難になっているものを伯剌西爾のご主人が取り寄せてくださっていました。もちろん、コーヒーとともに美味しくいただきました。毎回ご尽力くださるご主人に頭が下がります。

 さて、会はいつも通り自己紹介から始まるのですが、一つは「高橋新吉と私」。これはいつも通りと言えるお題ですが、もう一つにはびっくりさせられます。そのお題は「死について」というもの。かなり重いお題です。ところが自己紹介が始まれば、皆さん、結構このお題で発言されて行くのです。お一人は、なかなかこのような事について周囲の人と話す機会が無いと仰ていましたが、なんと、「話しましょう」と受け止める方が複数おられました。ポエカフェに集まる方々の思いがチラッと見えたような気がします。いきなりの重いお題にも関わらず、自己紹介はゆったりしたいつもの雰囲気で進んでいきます。重いものを軽くするのでもなく、避けるのでもなく受け止めていこうとする雰囲気が回を重ねる中でポエカフェに積み上げられてきたのでしょう。

 ダダと禅の詩人なので、どんな感想が出てくるかワクワクしつつ皆さんの朗読と感想を聞いていきました。Pippoさんの用意された資料もヴァージョンアップです。『ダダイスト新吉の詩』に寄せられた佐藤春夫の「高橋新吉のこと」も引用量が増えています。前回はなかった辻潤の「跋」も入っています。ダダイスト新吉の姿が浮かび上がってきます。詩作品の朗読は「DADAは一切を断言し否定する」で始まる有名な『断言はダダイスト』抄から始まって行きます。朗読とともに、感想、意見、質問が次々に出てきます。参加されたDさんが後でツイートされたように、とても豊かな時間になりました。ダダイズムに関してはポエカフェ初期から参加しておられるTさんの説明が助けになりました。会が終わってからも、ダダイズムに関して質問させてもらいましたが、新吉を考える上でのヒントをいただきました。

 さて、Pippoさんが自己紹介のお題に選んだ「死」ですが、新吉の生涯と作品を考えるうえで、避けて通れないテーマでしょう。前回の参加記で「新吉はことばで『死』と戦いつづけたように思える。」と書きました。これでは、どうも不足だったなということを今は感じています。「死」と向き合いつつ、存在の本質を問い続けたのではないかというのが、今の感想です。それは『断言は一切である』という「断言はダダイスト」の1行にも見られるように思うのです。

精神を病み座敷牢に閉じ込められた新吉が、後にその期間のものとして出した『戯言集』があります。全集の第1巻に収められた奥様の喜久子さんの解題によれば、新吉はこの原稿をとても大切にしていたとのことです。その解題の中に、見過ごせない文章がありました。「父は息子を救うべく死んだ」というものです。すれ違い続けた新吉と父親。その父親に関する詩が『戯言集』に続いて出された『日食』に収録されている「父」であると思います。「父は私を愛の目でみた」で始まります。精神を病んだ新吉との闘いの中、新吉の父は首を鎰って自殺しています。

 新吉の詩の中では、とてもストレートな作品です。今回、私はこれを朗読しました。実は、前回もこの詩を朗読していたのです。会後のPippoさんのツイートに「求道者的精神の強さ」とありました。ダダから禅へと向かった新吉。その道を行くには強靭な精神力が必要なのではないでしょうか。禅の接心の期間に発病したと言われています。しかし、全てが分からない状況にはなかったように思うのです。それが『戯言集』であり、その状況を乗り越えるきっかけとなったのが父の自殺を受け止め、次へと進むための詩が「父」であったように思えるのです。

 だいぶ長くなってしまいました。いつも以上にまとまりがありません。そもそも新吉を言葉で語ろうとすることが間違いかもしれないのです。『ダガバジジンギヂ物語』を読みました。自伝的作品ですが、読み易い作品ではないでしょう。虚実ないまぜのところもあるように感じます。新吉を理解する助けにはなると思うのですが、それでも一筋縄ではいかないように感じています。

 もう一つ気になっていることがあります。それは奥様の喜久子さんのことです。会後、Pippoさんが紹介してくださった『高橋新吉 五億年の旅』(金田弘著)を読みました。そこには喜久子さんとの結婚に関する逸話が記載されています。新吉を考える上で、奥様の存在は欠かせないように思えてきています。

 高橋新吉にとって、詩とはなんだったのだろうという問いを抱えつつ、これからも彼の作品を読んで行くことになりそうです。

|

« 「気になる詩人は…」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の4(春・夏篇) | トップページ | 「放してくれないのです」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の6(尾崎放哉篇) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526399/66695133

この記事へのトラックバック一覧です: 「座敷牢の中から」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の5(高橋新吉篇):

« 「気になる詩人は…」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の4(春・夏篇) | トップページ | 「放してくれないのです」 ポエトリーカフェ参加の記 第8期の6(尾崎放哉篇) »