« 「桜の陰に」ポエトリーカフェ参加の記 第 9期の2(桜と春篇) | トップページ | 「まだまだ届きません」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の4(エミリー・ディキンソン リターンズ篇) »

「私がわたしでない」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の3(石原吉郎篇)

石原吉郎。1915年静岡県土肥町に生まれた詩人である。その前半生はあまりにも過酷であった。終戦時ハルピンの関東軍の特殊通信情報隊に徴用されていたが、シベリアへ抑留される。以後、強制収容所を転々。1953年特赦により帰還する。

 

 この抑留期間中のあまりにも凄まじい日々は、1972年に刊行された「望郷と海」に詳しい。最初の詩集が世に出たのは、1963年43歳の時となる。詩を発表し始めたのは1954年39歳の時。文芸投稿誌「文章倶楽部」い投稿した「夜の招待」が特選(選者は鮎川信夫、谷川俊太郎)となり、注目を浴びたという。

 

 石原吉郎の名前は、シベリア抑留から帰国した詩人として知ってはいたが、数年前「望郷と海」を手にした時から、しっかりと向き合うべき詩人として心に残った。実はまだ、「望郷と海」を読みきれていない。あまりにも重い内容は、読む方にもそれだけの体力を求めてくる。

 

 いつだったかポエカフェで取り上げて欲しい詩人のアンケートで石原吉郎をあげた記憶がある。いつ取り上げられるのだろうと、期待と不安が入り混じっていた。それが4/28のポエカフェで取り上げられることになった。石原吉郎全詩集を図書館から借りては読み切れずに何回も借りている。自分にとって、このような詩人が取り上げられる機会はそう多くはない。いつにも増して期待を持っての参加となった。

 

 会場はおなじみの神田伯剌西爾さん。参加者は14名。懐かしい方とも出会える喜びもありながら、いつも通りの開始です。第1詩集の「サンチョパンサの帰郷」から1977年の晩年の作品まで43篇が6枚の用紙をびっしりと埋めている。生涯の年表は珍しいことに2枚に渡っている。Pippoさんの力の入り具合の反映だろうか。

 

 会はいつものように自己紹介から始まっていく。朗読くじももちろんある。一つのくじに、何篇かが書かれているので、読む方がその中の1篇を選んで読むこととなる。この形式の時は、何が選ばれるかにも興味がひかれる。ちなみに、今回読まれた詩を題名だけ上げておこう。『位置』『サンチョ・パンサの帰郷』『自転車にのるクラリモンド』『葬式列車』『花であること』『木のあいさつ』『河』『国境』『礼節』『ふいに』『風・2』『満月をしも』『涙』『私がさびしいのは』の14篇。

 

 いつものように朗読の後の感想を語って行くのだが、いつもより時間の経過が早く感じられるほど、みなさんの意見が積極的に交わされて言った。時間が不足で生涯に関するPippoさんの説明の後半はかなりの駆け足となった。

 

 どれもが印象深い作品である。その中でもいくつか印象に残る部分を挙げておく。『位置』の第3連「無防備の空がついに撓み/正午の弓となる位置で/君は呼吸し/挨拶せよ」、『葬式列車』の冒頭「なんという駅を出発して来たのか/もう誰も覚えていない/ただ いつも右側は真昼で/左側は真夜中のふしぎな国を/汽車ははしりつづけている」、『花であること』の冒頭「花であることでしか/拮抗できない外部というものが/なければならぬ」、『礼節』の最初の1行「いまは死者がとむらうときだ」等、キリがなくなるのでここまでにする。

 

 私が朗読したのは『自転車にのるクラリモンド』。石原の作品の中では軽やかなリズムを感じさせる作品と言えるかもしれない。「クラリモンド」という名前が繰り返されていく。一種の明るさをも感じさせるかもしれない。しかし、どうしても気になる言葉が心に引っかかる。「そうして目をつぶった/ものがたりがはじまった」という言葉だ、3連目はこれだけ、5連目がこの言葉で始まる。目をつぶったところにしかものがたりが始まらない世界とはどういうことか。現実の世界とものがたりの関係はどうなのだろう。様々なことが頭をよぎる。

 

 最後に読まれた『私がさびしいのは』には、連れ合いのあんじー共々心に刺さって来た。9行の短い詩だが、最後の3行「つまり私が私でないから/ある日とつぜんに/私はさびしいのだ」があまりにも悲しい。抑留のあまりにも過酷な、余人には決して想像できない状況を生きて来た石原吉郎の最後の叫びに聞こえて仕方がない。

|

« 「桜の陰に」ポエトリーカフェ参加の記 第 9期の2(桜と春篇) | トップページ | 「まだまだ届きません」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の4(エミリー・ディキンソン リターンズ篇) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「桜の陰に」ポエトリーカフェ参加の記 第 9期の2(桜と春篇) | トップページ | 「まだまだ届きません」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の4(エミリー・ディキンソン リターンズ篇) »