« 「大切な財産を失った」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の8(竹内浩三篇) | トップページ

ポエトリーカフェ参加の記 第9期の9(テーマは《12月とクリスマス》篇)

テーマは《12月とクリスマス》

 2019年12月21日に開催されたポエカフェ《12月とクリスマス》篇から1ヶ月が過ぎました。いつも結構時間が経ってから参加記を記しているこのブログですが、今回ほど遅くなったことはありません。決して書くことがなかったのではなく、むしろ何を書こうか迷った日々でした。

 《12月とクリスマス》のテーマで資料に取り上げられた詩人は、国内・国外、新旧合わせて38名の大人数!しかも一人1篇ではないのです。長編の詩もあります。いつにも増して厚い資料です。この資料、今も私の机の上、この文章を記している私の前にあります。どれを取っても印象深い詩です。

 また、今回のポエカフェには詩人の辻和人さんも参加してくださり、実作者の立場からの貴重な意見を伺うこともできました。それだけでも、参加して良かったと思える会でした。会はいつも通り自己紹介から始まり、朗読くじで当たった詩を朗読し、一言発言するという形で進められます。朗読された詩を少しだけ紹介しましょう。高村光太郎『クリスマスの夜』、萩原朔太郎『乃木坂俱楽部』、萩原郷次郎『12月』、竹中郁『無言で語れ』、尾形亀之助『年越酒』、原民喜『家なき子のクリスマス』、吉塚勤治『薬缶の詩』、島朝夫『幼児虐殺ーーその夜のヨセフ』…。

 Pippoさんも指摘なさっていましたが、クリスマスに関してはクリスチャンの詩が意外とないのです。クリスチャンの信仰に関わるクリスマスの詩は取り上げように、なかなか見つからないのが実際です。何しろ、クリスチャンの詩人の八木重吉にも作品がないのです。重吉好きの私も改めて確認したのですが、冬の詩はあってもクリスマスの詩がない!クリスチャンにとってはテーマが重大すぎるからという意見もあるとか。たしかにそうかもしれません。

 島朝夫『幼児虐殺ーーその夜のヨセフ』が朗読された時、その内容について、私にPippoさんから質問がふられました。聖書の背景を説明しながら、人間の感情では理解しにくい事件であることを心のうちでは確認しながら、お話ししました。そんなことやサンタクロースに関する話の中だったでしょうか、辻さんから、日本におけるキリスト教の受容について検証する必要があるのではとご指摘がありました。思わず、「大賛成です」と声をあげてしまいました。(恥ずかしい)

 そんなことも思いだしながら、この文章を書いています。普段はあまり本職を意識しないで、参加しているのですが、今回はテーマがテーマだけに意識せざるを得ませんでした。しかし、それはあくまでも個人的なこと、この参加記を書くのに時間がかかったのは、そこいら辺を少しは客観かしたかったからというのが、遅くなった言い訳です。

 その中で、私が朗読したのは尾形亀之助『年越酒』です。くじを交換してもらい選んだ詩です。長い作品です。クリスマスとは関係のない詩です。題名どおり大晦日の夜に思うところが書き連ねられている形の作品です。「そして、友情による人と人との差別も、恋愛などといふしみつたれた感情もあり得ぬことゝなつてしまふのがよいのだ。」閉じられる亀之助の言葉。考えるべきことが突きつけられてくるように思いつつ朗読しました。

 そして最後に辻さんの詩『ガバッと起きた』をご本人を含めて3人で朗読しました。私は最初の部分の担当です。緊張します。読みながら平易に見える言葉から世界が立ち上がってくるのです。「ガバッと、/ガバッと、/ガバッと、だ」と最初の2~4行目と最後に繰り返されています。猫のレドとファミが登場しています。猫にはガバッと起きださせる力があるのでしょうかと発言してしまいました。辻さんは否定されませんでしたが…。

 最後になりましたが、いつもながら神田伯剌西爾の店長さんが用意してくださるおやつが、今回も素晴らしく美味しかったことを記しておきます。いつもありがとうございます。

|

« 「大切な財産を失った」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の8(竹内浩三篇) | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大切な財産を失った」ポエトリーカフェ参加の記 第9期の8(竹内浩三篇) | トップページ